マーケティング分野での活躍も期待

マーケティング分野での活躍も期待

一定期間内で在庫が限定されてるみたいな商品やサービスは、殊更この恩恵を大きく享受するでしょう。もちろん、複雑なコンタクトリーズンや顧客からの要望によりましては人間のオペレーターが対応する必要はまだあるが、コスト面や生産性にもたらすポジティブな影響は甚大といえるでしょう。

こんな活用も、先に示したデータを理解する「知性」を持った人工知能の登場によってその実現性が期待され始めたものでしょう。今や顧客とのファーストコンタクト、コンタクトリーズンのヒアリングとかいという比較的シンプルな業務は全てボットに任せているという例も少なくないです。

ビックデータ、IoTといいました他の技術とのシナジーが起こる得ることを考慮すると、さらに活用事例は増加していくと思います。観光地の宿泊施設などは、まさにその例です。

人工知能があいまい検索や自然文検索を理解出来るようとなりましたことも大きな要因でしょう。具体的な例でいえば、チャットでのコンタクトの多くはすでに人工知能へと置き換わっています。

人工知能の活躍が期待させられる業務のひとつが、顧客をニーズや属性によりまして分類する「セグメンテーション」です。夙に一つ人工知能の活用が目立ってる業務が、カスタマーサービス分野です。

セグメンテーションを人工知能によって自動化することの方が出来るようになれば、DMの送付などが大幅に効率化させられるのでしょう。人工知能はマーケティング分野での活躍も期待されます。

顧客からの質問に対し、沖雲確率での適切な回答や、関連性の沖雲参照先を掲げちゃっているようです。さらに、オーソドックス需要予測により、ここまで以上に適切な価格設定も可能になると思われているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ