人工知能の成長とAI経営への期待

人工知能の成長とAI経営への期待

ビジネスパーソンの中には、ぼくの生活や仕事にAIが如何にいうに関わってくるのかを、具体的にビジョンできていない人も多くなったのですないか。いま、AIによりまして斬新ビジネスが生まれ、私どもの生活や社会、働き方を変えようとしています。

AIが与える会社やビジネスの影響につきましては、「大きく変える」「一言変える」と答えた人が約7割と多数。AIとは、コンピューター上で人工的に作り出されました知能のことです。

アンケートから浮かびアップしてきたのは、AIに期待してる反面、意味不明がゆえに「AIが人間を乗っ取る」「AIが人間の職を奪う」などと、何だか"恐ろしいもの"というビジョンを抱いてる人も多といった現状です。AIへの理解度については、「何だか理解してていますが、他の人に正しく説明する自信はない」「名前は聞きまやったことがありながら、詳細には分からない」が約8割と多数。

でも、本特集ではAIの進化がもたらすポジティブな側面に注目し、未来の生活がどんなふうに変化していくのかに想像力を働かせてみたいと思う。具体的には、AIに単純作業や事務処理を任せることで、仕事の効率化が図れるという肯定的な見方がある反面、それによって特定の職種の人員削減や人間の責任感の低下を招くというネガティブな見方も一杯みたいです。

次のChapter2からは、人工知能が進化した2020年、どんな新ビジネスが生まれ、人々の生活や働き方が如何変わってるのかを具体的にビジョンしてみましょう。ニュースなどで聞いて、漫然AIのことはご存知ていますが、詳細には分からないというかビジネスパーソンの現状のようです。

「人工知能が囲碁のトップ棋士に勝利した」「2020年には人工知能による完全自動運転が実現する」などと、人工知能(AI:ArtificialIntelligence)の進化が話題になることが増加しているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ