AIの進化と今後のAI経営

AIの進化と今後のAI経営

共にIoTなどのデバイスの導入価格も低下するだろう。IoTなどのデバイスから得られるデータや、中小企業だからこそ取得出来る特殊な領域のデータを活用してAIを用いて解析するだけで、新たな事業機会を生み出せるいかもしれない。

大企業AIプラットフォーマーや、AI開発ベンチャーの動きを見ても、言えることは、自社でAIを開発しないとしましても、他社が制作したAIをうまく自社の業務に取り入れることが出来るという点であります。そのようなら、どんなことが考えれるのか。

AIを活用するのは目的でではなく、手段であるので、ある業務を効率化しましょうと考えて導入したシステムが「実はAIだった」という人が実感として眉睫かもです。中小企業とりましては、他社が開発したAIから、自社にとりまして使い勝手がよく、手ごろな価格で導入出来るものを選ぶのが得策といえるだろう。

ここまでは、大手プラットフォーマーのAIサービスを活用した業務効率化が中心でしたが、それから進んで、AIを活用した新規事業創出が実現する実現性が考えられる。自社でも低コストでわかりやすくAIが使えて、精度の壮大解析ができるとしたら、どんなふうにいうな事業機会があるでしょうか、アイディアを構想しておきましょうが必要となるだろう。

そのためにも、今のうちから準備が必要だ。AIを自社開発しましょうとすると、ですからの技術者や大量のデータ、そうして資金が必要になった。

今後、学習済みのAIやAIプラットフォームを活用やるめのコストは降下していってしまうことが予想させられている。


ホーム RSS購読 サイトマップ