AI経営による分析力の向上

AI経営による分析力の向上

結局に差別につながるという問題もある」という専門家もいる。AIを活用することによるメリットもあるのですし、デメリットもあるですのではあるが、ここからAIを主体とした経営が進歩することが手違いないでしょう。

日本企業の人事も、AI活用を推進するにあたって、これから心得ておくべきことだろう。「テンプレートに合う人を採るということなので適切と言ってみれば適切。

ただ、課題も出ている。予めその企業の優れた社員(ハイパフォーマンス人材)の集団を統計手法を用いて分析し、優秀者の思考や行動の傾向をAIが導き出し、「傾向の塊にみようかなもの」をつくる。

中には面接の様子をビデオ撮影して、受験者の表情、言葉遣いから家庭環境や思考を分析することもあるだろう。受験者の観察じゃなく面接官の質問の質や態度の向上にAIを活用することさえある。

欧米では、こんなAIを使った採用選考は日本よりも一般化したりする。エントリーシートが紙でではなく電子化されているそしたら、それをAIに読み込ませて勝手に計算させ、結果がパーソナルコンピューター画面に表示させられるビジョンだ。

米国ではアファーマティブアクションと呼びます差別撤退措置が厳格に働くが、AIは人種や年齢、性別などに意図的ではないにせよ偏りを出してしまうでしょうため、それを是正やるめの配慮も必要になるといいます。それを応募者のエントリーシートから読み取れる傾向と照らし合わせる(パターンマッチングする)ことで、「将来有望な新入社員」だと考えれる人を探し出し、ピンポイントで面接するという人法だ。


ホーム RSS購読 サイトマップ